■都市機構・住宅公社・都民住宅・特優賃・高優賃等で年間2〜3万戸を募集中

空家募集は抽選と早い者勝ち先着順募集

賃貸住宅を家賃の安さや広さ、住宅の性能、信頼性、住環境で選ぶなら、やはり、公共住宅がNO1である事は言うまでもありません。首都圏では先着順募集や抽選募集で年間、数万戸単位の公共賃貸住宅が募集されています。しかし、民間と比べても家賃が安く、立地の良い公共住宅の競争率は相変わらず高い状況が続いています。抽選で募集が行なわれる公営住宅は高倍率で何十年申込んでも当たらないという言われる程の高倍率である事は今でも変わりがありません。UR都市機構や都県市等の公社賃貸住宅・都民住宅・特優賃・特公賃・家賃補助付賃貸等の一般向け公共住宅の空家募集では、以前はどの住宅も抽選で行なわれるケースが多かったのですが、近年は従来の抽選募集から、空家が出る度に早い者勝ちで入居が出来る先着順募集に全体の8割以上が切り替わっています。
先着順募集では多くの応募チャンスを得た方が有利
公共住宅の先着順募集では、通常の人気物件や割安物件であれば、募集当日に短時間で無くなってしまうのが普通である事も知っておかなければなりません。土日でも空いていたり、問い合わせをした時に何時でも空いている物件は、家賃が高いとか駅から遠い、又は郊外の物件でもエレベーター無しの4階・5階などの低人気住戸が殆んどなのです。また、UR都市機構やJKK住宅供給公社・都民住宅・特優賃・高優賃等の公共住宅の先着順募集は、順番待ちなどで入居できる登録制の募集ではありませんので勘違いしないように注意が必要です。順番待ちなどの登録制募集は、民間不動産の場合は顧客確保のため、公共機関の場合は応募者が少ない地方の募集などで多く利用されますが、首都圏の公共住宅募集は膨大な数の応募者がおり、空家が出る度に早い者勝ちで入居できる先着順募集のため順番は一切関係ありません。逆に、順番待ちでは順番が回ってこない限り空いていた事すら分からず、空家が何回出てもせっかくの応募チャンスをみすみす逃してしまう結果になり、殆んどの方が長期間待っても入居できないのです。公共住宅の先着順募集では、より多くの空室情報を長期間に渡って誰よりも早く漏らさず入手し、何回でも何十回でもより多くの応募チャンスを得た方が圧倒的に有利なのです。

入居のコツはリアルタイムの空室情報

公共住宅の先着順募集では、普段空いて簡単に入居できる物件は高額物件や低人気の住宅が多く、通常の人気物件ならば、空家は多数出ても、大半の住宅はよくて数日、普通の人気物件なら募集当日に数時間から早いと数分程度で無くなってしまうケースが多いのです。公共住宅の募集では、抽選募集だけでなく先着順募集でも常時多数の入居希望者がおり、空家は多数出ていても簡単に入居できる住宅は少ないのです。最新の空家情報も殆んどが平日の日中にしか出ないため、お仕事などでお忙しい一般の方では自分で一日に何回も長期間に渡って空家情報を調べ続けるのは不可能で、せっかく空き家が出ても空いていたことすら分からないままチャンスを逃してしまうのが現状です。また、公共住宅といっても、UR都市機構・住宅供給公社・都県市賃貸・都民住宅・特優賃・特公賃等の家賃補助付住宅・高齢者向け優良賃貸住宅など様々な種類があるため、公共機関の窓口や広告などで、何も知らずに割高な物件を選んでしまう方も大変多いのです。当システムではあらゆる種類の公共住宅の中からお客様の条件に合った物件を選び、まずはお電話で詳しくご案内しています。また、競争率の高い公共住宅の先着順募集では誰よりも早く空家情報を入手する事が早期入居の最大のコツとなるため、当システムでは募集当日に短時間で埋まってしまうような人気物件も終日調査し、お客様にリアルタイムで配信速報する全国唯一のコールセンターサービスを行っています。

空き予定物件やネット非公開の情報も配信速報
公共住宅の募集では、人気物件の募集情報をネット公開する事による申込者の殺到や混乱・苦情を防ぐため、インターネット等では公開されない物件情報や募集住宅も大変多いのです。UR都市機構の住宅では、高倍率が予想される人気物件や低価格帯の物件、空き予定の物件や子育て・身障・母子・高齢者世帯等の各種優先募集等の募集はインターネットなどでも非公開の場合が多く、殆んどが広告や宣伝・不動産の仲介・斡旋等での募集も対象外のため、公共住宅申込みには必須の最新情報にもかかわらず一般の方では空家情報が大変分かり難いのが難点です。特に10万円以下の低価格帯の住宅では全空家住戸の半分以上がネット非公開というケースも多いのです。しかし、お仕事や家事などでお忙しい一般の皆様が長期間に渡って様々な公共住宅の空家情報を自分で調べ続けるのは大変面倒で困難です。当システムではインターネットには出ない空き予定物件や窓口限定物件・各種優先募集等も毎日調査しお客様にリアルタイムで配信速報いたします。

申込資格や応募倍率も把握して

公共住宅応募に際しては、まず最初に各公共機関の申込資格を把握する事が大切です。公共住宅でも国が管理するUR都市機構や都県市等が管理する公社賃貸・公営住宅、家賃補助もある都民住宅・特優賃・高優賃などは、それぞれ申込資格や基準月収額などの計算方法も大きく異なります。例えば一般型の公共住宅は通常の税込年収で計算し収入の上限はありませんが、都民住宅・特優賃・高優賃などの住宅は基礎控除や他の非課税金額を控除した所得金額で計算し収入の上下限もあります。公共住宅の募集では何も分からずに応募をして失格になった。申込資格を理解せずに応募を重ね何年も無駄にしてしまった。という方も大変多いのです。公共住宅の申込みでは立地や間取り・家賃額だけではなく、まず、自分がどの住宅を申込できるのか、応募倍率はどれ位で、入居できる可能性はどれ位あるのか。なども理解して応募する事が大切です。

早期入居には、先に入居予約・後日内覧が必須

公共住宅の募集では、高倍率の人気物件が大半を占める反面、「公共住宅にしては家賃が高額」「民間借上型で数年後には民間物件になってしまう」などの理由で人気がなく長期間空家になっている物件も多数あります。物件を管理する公共機関では、赤字物件を解消するために一定期間埋まらなかった物件や高額物件等はやむおえず高額な広告費や仲介手数料を支払って広告や宣伝・不動産の仲介・斡旋等で販促を行っています。しかし、UR都市機構等の先着順募集では、多くの人気物件は高額な広告宣伝費や不動産仲介手数料等の無駄な公費をかけて募集する必要がないため、不動産の仲介・斡旋経由の場合は低価格帯の住宅や多くの人気物件が対象外になっているだけでなく、対象物件でも人気物件の多くが初回募集から一定期間が経過しても埋まらなかった住戸しか紹介できなくなっているケースが多いのです。また、JKK・公社賃貸・都民住宅・特優賃などの公共住宅募集でも、多くの物件は高額な広告費や仲介手数料を支払って募集する必要が無い事やトラブル防止の観点から、不動産業者の仲介・斡旋経由の場合は、紹介できる物件が限定されているだけでなく、空家が出ても先に現地で内覧(内見)をしてからしか入居申込ができない規則になっているため、内覧よりも先に入居予約(仮押さえ)ができる一般募集よりも大幅に不利になってしまいますので注意が必要です。また、UR都市機構やJKK住宅供給公社等の公共住宅募集では、入居予約済み物件(申込中の物件)の内覧案内や募集広告も禁止されているため、不動産の仲介・斡旋では、長期間待っても公共の人気物件や割安物件は殆んど紹介できないのです。「順番待ちが多い」「何回も断れない」「公共住宅入居者は申込みができない」などの制約多いのも難点です。しかし、当システムではその様な心配は一切いりません。当システムではUR都市機構・都県市・住宅供給公社・都民住宅・特定優良賃貸住宅・特公賃・高齢者向け優良賃貸住宅・子育て割・各種優先募集など、全ての公共住宅を対象にして一般募集や空き予定の情報を誰よりも早く空室配信できるほか、お客様は6ヶ月間リアルタイムで配信される最新空家情報や空き予定情報の中から気に入った物件があった時には、電話やインターネット等で先に入居予約をしていち早くお部屋を確保し、後日内覧、内覧後何回でも辞退可。のパターンでどのお客様も効率よくご希望住宅に入居されています。また、当システムでは、先着順募集や抽選募集でも広い範囲でご希望できるほか、ご希望地区や条件の変更・追加、入居に関するご相談は何回でもできますので安心です。

同じ公共物件でも割高・割安にご注意

多くの公共物件では同じ住宅や間取りでもお部屋によって広さや家賃額が大きく異なったり、お部屋のリニューアル度や設備・仕様が異なるケースも多いため、同じ住宅でも何回も入居予約や内覧を繰り返してお部屋を選ぶ方も多いのです。特にリニューアル住宅や平成建設以降の多機能型住宅はバリエーションが豊富で同じ住宅の間取りやタイプでも2〜5万円位家賃が違うケースも大変多いのです。家賃額が3万円違えば年間36万円も負担額が違うのです。また、同じ住宅でも和室タイプや洋室タイプなどの様々なリニューアルプランがある場合も多いのです。しかし、お仕事や家事でお忙しい一般の皆様ではその様な事情が分からず、勧められるままに高額なお部屋に入居してしまったり、安いお部屋が空いてなかったからといって割高な住宅や希望に沿わない住宅に妥協して入居してしまう方も大変多いのです。当システムでは空家が出る度に全ての情報を配信速報できるため、お客様は同じ物件でも間取りや家賃額の異なる住宅を何回でも入居予約・内覧をして効率よくお決めいただく事ができます。当システムをご利用のお客様には、新規で公共住宅をお探しのお客様だけでなく、今現在住んでいる公共住宅の家賃が高額のため、もっと安くてお得な公共住宅に住み替えたいという“公共住宅から公共住宅へ”のお客様も大変多いのです。公共住宅入居のコツは、国や都県市等の一般公共住宅・都民住宅・特優賃・高優賃等の家賃補助付公共住宅など全ての公共住宅を対象にして探す事。諦めず長期間にわたって根気良く住宅を探す事。同じ住宅でも複数回入居予約や内覧をして最もお得なお部屋を選ぶ事。そして最新の空家や空き予定情報の全てを長期間に渡って誰よりも早くリアルタイムで入手する事なのです。


コーシャハイム高田馬場
(東京都新宿区)


西新井本町
(東京都足立区)

 
 トミンハイム横川一丁目
(東京都墨田区)
東京23区内には4〜10万円台の人気価格帯の住宅や最新多機能型の住宅が多数あります。人気物件の先着順募集では、空家は多数出ても当日中に短期間で埋まってしまうケースや、空き予定の段階で埋まってしまうケースが多いのです。しかし、どの住宅も年間を通しての募集戸数は結構多いのです。コーシャハイム高田馬場は、直近3年間の平均で年間24回空室速報。都心部の住宅でもリアルタイムで情報をキャッチできれば入居はそんなに難しいわけではありません。




リバーハープタワー南千住
トミンタワー南千住四丁目
(東京都荒川区)
 
2LDK・3LDK・4LDKなど、広さ重視の住まい選びなら、民間と比べても、割安でお得な公共住宅が圧倒的な人気です。UR・公社賃貸の他、家賃補助付の都民住宅や特優賃・特公賃等、物件数も大変多いのです。



板橋ビュータワー
(東京都板橋区)
 
UR都市機構の住宅では、家賃補助付き物件や高齢・子育て等の優先募集だけでなく、多くの人気物件が一般公募優先募集になっています。これらの物件は広告や宣伝・不動産の仲介・斡旋では出回らないため、当センターのシステムを利用して入居されているお客様も大変多いのです。




■空室速報が毎日のように届くお客様も多数。広いエリアでご希望できます

コーシャハイム北千住
(東京都足立区)
 
コーシャタワー佃
(東京都中央区)
 
都内の駅近くの好立地物件が多く、築浅で外観、室内設備も充実。コーシャハイムはファミリーやカップルだけでなく、単身者にも人気が高い住宅です。

国や都道府県・特殊法人等の公共機関が管理・運営する公共賃貸住宅には、3〜5万円程度の低家賃住宅から超高層タワーなどの豪華マンションまで、様々なニーズに対応した住宅が揃っています。最新の設備機能をもち、交通や環境・外観も良好。しかも、周辺相場よりも何割も安く、お得で長く住める住宅を探したい。当センターには、そんなご相談が毎日多数寄せられています。もちろん首都圏の公共住宅にも、そんなお得な住宅が沢山あります。しかし、公共住宅の募集では競争率の高い人気物件が多いため、最初からあまり住宅やタイプを限定しすぎると入居の難易度は益々高くなってしまいます。当システムでは、先着順募集の場合でも、ご希望通りの住宅が見つかるまで何回でも入居予約、内覧、内覧後の辞退が出来ますので、ご希望エリアをできるだけ広くするかご希望物件を沢山選んでいただく事をお勧めしています。もちろん物件を指定してのご希望もできますが、エリアでのご希望のお客様も大変多いのです。エリアでのお部屋探しをご希望の場合は区や市単位で常時3エリアまでご希望する事ができます。たとえば、東京23区内ならば常時6つの区で物件をお探しできるため、毎日のように多数の空室情報が届くお客様も大変多いのです。また、ご希望地区や条件の変更、物件のご相談は電話やメールで何回でもできますので、特にご指定の物件がなければ最初はできるだけ広い範囲でご希望される事もお勧めです。
また、一般公共賃貸住宅では、1K〜3LDKの約9割以上が単身入居も可能です。単身世帯でも広めのお部屋で暮したいという方にもお薦め物件が多数あります。東京23区内には、ファミリー向けの都民住宅に多い『トミンハイム』という名称の物件でも単身入居可能の住宅も多数あり、築浅で民間相場と比べてもかなり割安な住宅が多いため、高い人気を誇っています。



■入居までは最短3週間。都心部や人気物件は2〜6ヶ月前からご応募を

当情報センターのシステムをご利用いただいた場合、殆んど即入居が可能といえる住宅も多数あります。即入居といってもUR都市機構・都民住宅・公社賃貸等の場合は入居予約ができてから実際に入居できるまでは最短3週間。通常は約1ヶ月程度かかります。都営・県営関連の公共賃貸や都民住宅・特優賃・パートナーハウジング等では1〜2ヶ月程度かかる住宅が多くなります。しかし、公共賃貸住宅の先着順募集では入居難易度の高い住宅が多く、同じ住宅でも家賃額や間取りにより競争率は大きく異なります。通常の割安物件や人気物件の申込みでは、空家は多数出ても、その何倍もの入居希望者がおり競争率は結構高いのです。当システムでは、先着順募集で殆んどの住宅が十分に入居できる期間として6ヶ月間というサービス期間を設定しています。もちろん、ご利用中のお客様には最初の数回の空家情報だけで決めてしまい人気物件でも1ヶ月程度で入居してしまう方も多くいらっしゃいます。しかし、妥協せずにより良い公共住宅を見つけるためには最低2ヶ月以上の期間は必要です。都心部のエリアやよりお得で好条件の住宅を見つけたい方、様々な住宅を何回も内覧してじっくり選びたい方、高齢者や子育て等の家賃補助付き住宅をご希望の方なら最低でも2〜6ヶ月前からお申込される事をお勧めしています。また、物件を限定してのお申込なら1年間の長期計画でお探しする事もできます。
賃貸住宅をお探しのお客様には、毎年1〜3月の春の引越しシーズンは空き家が多く出て物件が見つけやすいと思われている方も多くいらっしゃいますが、公共住宅の空家募集は年間を通して均等に行なわれているケースが多いため、統計的に見ても実はあまり関係がありません。公共住宅の空家募集では、空家は普段より多少多めに出たとしても、逆に入居希望者は普段よりも数倍多くなってしまうため、普段の時期なら何戸か空いている住宅でも空家が無くなってしまい入居難易度は高くなってしまう傾向です。近年は民間不動産の場合でも春に入居希望の方は前年から探し始める方が大変多いと言われています。特に公共住宅の募集では高倍率物件が多いのに加え、お部屋が決まっても実際に入居できるまでには約1〜2ヶ月、空き予定の場合は2〜3ヶ月かかる場合も多いため早めの対応が必要です。もちろん人気物件や好条件の割安物件をお探しなら、時期にとらわれず、中・長期計画でじっくりお探しいただく事が最大の入居のコツである事は間違いありません。当サービスでは物件を限定してお探しの場合、1年間のサービスもありますので是非ご相談ください。
また、抽選募集の場合は、募集されてから抽選結果が出るまでが1〜2ヶ月程度。当選して当選順位により、入居できるまでが1〜6ヶ月位かかるケースが多くなります。これは、公共住宅の場合、空家になってから募集するのではなく、空き予定や空家想定戸数を事前に募集してくる空家待機者の募集が多いからです。また、空き家発生後は、もちろん内装工事も行うための期間もあります。従って、運良く当選しても入居できるまで最短3〜4ヶ月程度はかかる事になるわけです。抽選募集は、高倍率の狭き門という事もあり、より長期計画でのアクションが大切です。先着順募集と抽選募集の両方で募集が行なわれる住宅なら併用申込が早期入居の基本です。


小杉御殿
(川崎市中原区)
首都圏の一般型公共賃貸住宅は、大半の住宅が2LDKか3DKまで単身申込みが可能。1DKや1LDKも民間にはないワンランク上の広さが魅力です。また、賃貸でも分譲住宅並みの先進設備が完備された多機能型住宅も多数あり、単身者やファミリーに人気があります。
 
アーベインビオ川崎
(川崎市幸区)
 
華やかなJR川崎駅西口駅前エリアに聳える超高層タワー。入居難易度が高い物件が多い川崎エリアでも特に人気が高い物件のひとつです。クオリティの高さを求める方には最適の豪華マンションも公共住宅には多いのです。 

■6ヶ月間 リアルタイムで空室配信。全国唯一の携帯メール速報が便利です



光が丘パークタウン
(東京都練馬区)

公共の住宅には、都会にありながら信じられない程の緑を有し、広大な公園と隣接する好環境の住宅が沢山あります。東京都練馬区の光が丘パークタウンは電線・電柱を地下に埋没させた美しい景観と公園が合体したビックタウンです。環境重視で子育てを優先する奥様にもお勧めです。




トミンハイム仲之町
(東京都新宿区)
 
住宅名は、トミンハイムやトミンタワーでも、住宅の半分が一般型公共賃貸住宅になっており単身申込ができる住宅も多いのです。台場(港区)・海岸(港区)・薬王寺(新宿区)・久が原(大田区)・南大井(品川区)・南台(中野区)・小豆沢(板橋区)等他。民間住宅には無い割安感や広さと新しさ。立地の良さを求める単身者やファミリーには、是非、お薦めしたい住宅です。


アーバンラフレ戸田
(埼玉県蕨市)
 
首都圏では大規模再開発事業で誕生した公共住宅も多くあります。アーバンラフレ戸田は、お隣りがイトーヨーカドーの大型店で賑わいある立地が魅力。人気のペット共生住宅のひとつです。



コーシャハイム八王子緑町
(東京都八王子市)
東京多摩地区では2〜6万円台の低家賃住宅の人気が高い。公共住宅ならではの緑豊かな好環境も魅力です。



江古田
(東京都中野区)
 
とにかく家賃の安さが優先という方にも、やはり公共住宅が最適です。江古田団地は1DK〜2DKが3,2万円〜4,5万円の低家賃。もちろん、バス・トイレ・BS・追い焚き・インターネット等の設備や耐震適合等は万全です。当システムでは平成25年の年間ベースで50回の空室情報を速報。募集当日に短時間で埋まってしまう人気物件ですが、区や沿線など、複数エリアで多数の住宅をご希望すれば、低家賃住宅でも更に多くの空室情報の中からご希望の住宅を選ぶ事ができます。
低家賃住宅は人気は高いが東京23区内や首都圏だけでもかなりの物件数があり空き家は多く出るのです。当システムでは、毎日多数の空家情報をリアルタイムで速報しているため、何回も入居予約や内覧を繰り返して希望の住宅を選んでいる方も多いのです。


 むつみ台
(東京都練馬区)
 
希望ヶ丘
(東京都世田谷区)
 
高齢者向け優良賃貸住宅は、既存住宅の低階層部分を高齢者仕様のバリアフリー住宅に改良した高齢者向けの住宅で、世帯の年収に応じて家賃が減額される制度です。抽選や先着順で募集が行なわれ、対象物件は東京都で48物件、首都圏全体では121物件もあるのです。東京23区内なら月額最大2,5万円の家賃の軽減措置(補助)が受けられるため、9万円の住宅でも6,5万円で借りられます

公共住宅募集では、抽選の空家募集や新規募集の他に、空家があった場合、先着順で入居できる無抽選・先着順の空家募集が大半を占めるようになりました。近年では都市機構・住宅供給公社・都民住宅・特優賃・特公賃・高優賃など他、公共住宅の約80%以上が先着順募集対象物件になっています。しかし、公共住宅の募集では高倍率物件が多いため人気物件の大半は募集当日に短期間でなくなってしまったり、空き予定の段階で埋まってしまうため、一般の方では空いていた事すら分からないのが現状です。そんな競争率の高い公共住宅の募集情報を終日調査し、6ヶ月間リアルタイムでいち早く空室配信速報するのが当センターのサービスです。空いた時に早い者勝ちで入居できる先着順募集では毎日の空家や空き予定情報をいち早くリアルタイムでキャッチできれば圧倒的に有利なのは言うまでもありません。先着順速報・携帯メール配信サービスは、公共住宅に関する情報・代行センターとしてNO1の実績と28年の経験を持つ当社が独自で開発し運営する専売特許ともいえるサービスで、公共機関や他社ではできない全国唯一のサービスです。

●電話やネットで簡単入居予約。何回でも申込・内覧可

当システムではUR都市機構・住宅供給公社・都県市賃貸等の一般型公共住宅や都民住宅・特優賃・特公賃・パートナーハウジング・ウィズ等、全ての公共住宅。高齢者向け・子育て世帯向け等のあらゆる種類の募集にも対応しています。当コールセンターと調査会社がお客様に代わり空家情報を終日調査。お客様のご希望エリアや住宅の空家情報と空き予定情報等を携帯やPCメールなどで6ヶ月間に渡りリアルタイムで速報致します。早い者勝ちの先着順募集では、せっかく空きが出ても短時間で埋まってしまったり、知らない内に他の方に取られてしまったりするケースが多いため、どんな時でもどんな場所でも情報を受信できる携帯メール速報は早期入居に大変便利と好評です。また、国や都県市等の複数の公共団体の住宅を同時にご希望でき、空室速報のご希望エリアも広い範囲で出せるため、東京23区内でもご希望の条件によっては毎日のように情報が届いたり、一日何回も情報が届くお客様も大変多く、想像したよりも空家情報が沢山届いたと言われるお客様が多いのです。お客様は6ヶ月間に多数配信されてくる空室情報の中から、気にいった住宅が見つかるまで電話やネット等で何回でも入居予約(仮押され)して、内覧して、断ってもOKという大変便利なシステムです。また、期間内ならご希望条件のご相談やご変更は何回でもできますし、複数回転居したり、ご家族などで複数戸を借りる事も可能です。抽選申込だけをご希望の場合や特定の物件だけを限定してご希望の場合は1年間のサービスもできます。当サービスをご利用されてご希望の公共住宅にご入居されたお客様は過去28年間で膨大な数に上ります。公共住宅早期入居をご希望のお客様は是非一度、お問い合わせ・ご相談ください。

●抽選募集の応募代行も併用してご利用できます

当システムでは一般公共賃貸住宅や都民住宅・高優賃等の抽選募集にも応募可能。先着順募集と併用して行政書士監査による抽選申込代行サービスもご利用する事ができます。申込みは募集が出る度に当社が自動的に行いますのでお客様は当選・落選の結果通知をお待ちになって頂くだけで結構です。募集の都度、ご希望エリア内で最も当選率の高い住宅を予測して応募する事もできます。当システムでは抽選申込の代行サービスだけをご希望の場合は1年間でのサービスも可能です。

空室速報や入居のご相談をご希望のお客様は、お問い合わせ・ご相談フォームから、相談申込みをお送りください。 
 
■都民住宅・公社賃貸・空家はどれくらい出るの?
UR都市機構や公社賃貸・都民住宅・特優賃・特公賃などの公共住宅では、年間平均で7%程度、少ない物件でも3〜5%程度の空家が出ると言われています。たとえば、部屋戸数が200戸ある住宅なら年間14戸程度、部屋戸数が800戸の住宅なら年間56戸程度の空家が出ているのです。ところが、公共住宅の入居希望者の方々には何か月たっても空家が1戸も出ないと嘆いている方が大変多いのです。公共住宅の先着順募集は空家が出ても平日の日中で、募集を管理する公共機関の本社がお休みの土日祝日に新しい空家情報が出ることは殆んどありません。また、募集当日に数時間から数分程度で無くなってしまう高倍率物件が多いため、空家が出ないのではなく実は見つけられないだけなのです。ここでは公共住宅の中で最も空き戸数が少なく入居難易度が高いと言われる都民住宅・公社賃貸などの人気物件を例にとって空家配信状況の一例をご案内いたします。
●直近5年間で集計した都民住宅の空室配信の年間平均回数の一例は、セルリアンホームズ勝どき(中央区)11回・晴海アーバンプラザ(中央区)12回・トミンハイム薬王寺(新宿区)19回・トミンハイム仲之町(新宿区)11回・トミンハイム西五反田四丁目(品川区)19回・トミンハイム北青山一丁目(港区)9回・トミンハイム久が原五丁目(大田区)12回・セラビーヌーベル(中野区)4・カーカス白鷺(中野区)12回・ハイエスト荻窪(杉並区)12回・リヴェール烏山(世田谷区)8回・プラッツ砧(世田谷区)15回・トミンハイム塩浜二丁目第一・第二(江東区)22回・トミンハイム蓮根二丁目(板橋区)12回・トミンハイム南六郷二丁目(大田区)8回・トミンタワー千住五丁目(足立区)12回・トミンハイム東新小岩六丁目(葛飾区)18回・トミンタワー南千住四丁目(荒川区)46回・トミンハイム国分寺泉町(国分寺市)38回、等が配信実績の一例です(上記の住宅には一部抽選募集もあります)
また、公社賃貸住宅などでは数百戸単位の中型規模の住宅が多いため、都民住宅より配信回数が多くなります。公社賃貸住宅の年間の平均配信回数のほんの一例をご紹介すると
コーシャタワー佃(中央区)68回・トミンハイム海岸三丁目(港区)14回・本村町(港区)15回・コーシャハイム高田馬場(新宿区)24回・コーシャハイム笹塚(渋谷区)14回・鷺宮西(中野区)68回・江古田(中野区)36回・烏山松葉通(世田谷区)24回・西新井本町(足立区)11回・コーシャハイム北千住(足立区)18回・西台(板橋区)31回・東雲都橋(江東区)28回。南砂(江東区)・宇喜田(江戸川区)・堀船(北区)等、2DK・6〜7万円台の高層住宅や平成建設のコーシャハイムでも、年間30〜100回位、速報配信している住宅も数多くあります。
当システムでは上記の様な人気物件でも10分間隔で空室調査をして、空き次第お客様に最新の情報をリアルタイムで配信速報する全国唯一のサービスを行っています。また、都民住宅・特優賃・公社賃貸・UR都市機構・特公賃・高優賃・各種優先募集など、複数の公共団体の物件や複数エリアを同時にご希望する事もできますので毎日のように多数の空室速報が届くお客様も大変多いのです。早い者勝ちの先着順募集では、毎日の空家情報を誰よりも早く漏らさず入手し、より多くの応募チャンスを得た方が圧倒的に有利なのです。




●2DK・3〜7万円台・3LDK等のお得物件も多数

お手頃価格で人気の高い公共の物件。東京都内ではエレベーター付の高層住宅・2DK・5〜7万円程度や3〜5万円台の低家賃住宅なども多数あり、民間と比べてもかなり割安のため相変わらずの高い人気を集めています。東京都や首都圏の住宅では住宅戸数の多い中・大型団地が多いため、総戸数に比例して空き家も大変多く出ます。近年は室内リニューアルも充実し、キッチンや浴槽等の設備も近代化されており、外観よりも室内が更にきれいと言う住宅が多いのです。広さ重視のお客様には、民間住宅では最低でも20万円以上するようなの3LDK・4LDK等の住宅やタワーマンションでも10〜16万円程度の築浅物件や多機能型物件が東京都内などにも多数あります。
また、高齢者や母子家庭・身体障害者・低所得者の方の場合、民間では借りにくいというケースが多くありますが公共住宅なら安心です。公共住宅の募集では、主に10万円以下の住宅や一般公共住宅の多くで、高齢者・身体障害者・母子世帯等の収入基準などの特例措置が定めれています。また、住宅によっては高齢者・母子世帯・身体障害者・子育て世帯等の優先募集なども多く行われています。公共住宅は家賃の値上がりや2年毎の更新料などの心配も要りませんのでどんなお客様でも少ない負担で安心して長く住めるのが魅力です。



●入居時の実質負担が少ない事も大きなメリット

首都圏の民間不動産市場でここ数年大きく変わった事は、賃貸住宅を借りる際に保証会社の利用を求められるケースが圧倒的に多くなった事です。不動産保証会社の厳しい取立てが問題になっている反面、家賃滞納を保証してくれる不動産保証会社は、家主にとっても管理を委託される不動産会社にとっても本当に便利な存在になっているのです。民間で賃貸のお部屋探しをする場合、広告には掲載されていなくても、敷金が少ない物件や好条件の物件ほど家賃保証会社の利用が必須となっているケースが多いのです。保証人がいても保証会社利用を求められる場合も多くあり、実際は厳しい審査や高額な保証料がかかるのが一般的なのです。公共が管理する住宅が人気のある理由は、ただ単に家賃が安いだけではありません。例えば都市機構の住宅を例にとると、入居の際の保証人は一切必要ありません。また、全ての公共住宅で2年ごとの更新料なども一切必要ありません。民間ではトラブルの多い退去時の現状回復費も、民間賃貸では無条件で敷金1ヶ月分償却となっているケースが多かったり、数十万円単位の高額請求をされるケースも多くあります。でも公共住宅なら安心です。公共住宅の場合、入居時にかかる費用は2〜3ヶ月程度の敷金のみですが、都市機構が発表している退去時の現状回復費はここ数年の平均でわずか1万5千円から2万円程度という驚きの安さでした。他の公共住宅でも現状回復費は同様に安く設定されており、民間と異なり退去時には敷金の大半が戻ってくると言われています。更に民間の場合は、礼金や仲介手数料・保証会社の保証料・更新料など戻ってこない掛け捨ての金額が多いのが難点です。公共住宅の場合はそれと比べても、礼金・仲介手数料・更新料は一切不要で実質的な負担がかなり少ない事も大きな魅力です。




不動産業界に多いおとり広告とは

マスコミやインターネットなどでも多く取り上げられ、不動産のお部屋探しで最も注意が必要と言われるのが不動産業界に多いと言われるおとり広告です。おとり広告は仲介のできない物件や空いてない物件を空室広告して集客する違法行為です。特に自社のインターネットサイトや不動産ポータルサイト等で「実際には空いてない物件を空室広告する」「仲介や斡旋のできない物件を広告する」「集客力の高い人気物件や割安物件は短期間で無くなってしまうため、既に空家が無くなっている事が分かっていてもその後に広告掲載する」「成約済みや入居予約済みの物件を故意に削除せず、長期間空室広告したり、情報公開日を更新して繰り返し広告する」「物件詳細や取引実績等の虚偽記載」などのケースが最も多いと言われています。しかし、不動産業界ではおとり広告は絶大な集客効果あると言われ、広告数が膨大すぎて取り締まりが殆んど不可能な事や一般消費者には見分ける方法が難しいため、成約後や申込後も故意に削除されていない情報も含めると、インターネット上の半数以上はおとり広告と言われるほど氾濫しているのが実情と言われています。
UR都市機構等の公共機関や民間不動産ポータルサイトなどの一般広告媒体では、予約や申込は成約と同等とされ、その後に『空室』『商談中』などと広告を掲載することは公正取引協議会の規定に基づき禁止されています。UR都市機構やJKK・公社賃貸等の公共住宅の募集でも、通信販売や他業界の商取引と同様に入居予約と同時に空室情報が削除されるのが原則ですが、公共住宅の募集でも、不動産仲介業者の空室広告を見て問い合わせや依頼をしてみると「物件の多くは実際には空いてない物件や成約済みや申込済みでも故意に削除されていないおとり広告ばかりだった」「民間不動産ばかり勧誘された」などの苦情やトラブルが増えていますので十分ご注意ください。おとり広告は一般消費者や公共機関だけでなく真面目にやっている多数の不動産業者にとっても不公正で大変迷惑な行為です。公共住宅のお申込み・ご相談は公共住宅専門の民間情報センターとして28年の実績を持つ当センターにお問い合わせ・ご相談ください。




住宅情報の一例はライブラリーのページで見られます

先着順募集空室配信速報・直近募集のほんの一例 

 
 
     
     
     
 
●住宅情報・TOP ●ライブラリー(賃貸住宅情報) ●サイトマップ ●携帯・スマートフォンサイト
 
     
(株)住宅情報コールセンター 〒151−0053 東京都渋谷区代々木2-23-1 ニューステイトメナー9階 電話03-3379-3951